居合刀(模擬刀)の選び方5 − 柄頭・縁・目貫

スポンサードリンク
居合刀の拵で、刀を振ることについての実用上での意味合いはほとんどない(※)ものの、装飾的な意味合いとしては比較的大きいのが、柄頭や縁、目貫といった小金具。

実用面で特筆すべきことがないので、これらの金具を選ぶのは”好み”になるわけですが、注意したいのは、鍔も含めて同系統の図柄や色のもので揃えるといった、統一感を持たせるようにすること。

細かいようですが、この部分の統一感がないと、試合や昇段審査、演舞の会場で、居合刀を帯びていざ進み出たときに、周囲からも審査員からも、その居合刀の所有者のセンスを疑われてしまうことになりかねないので、きっちりと統一しておくに越したことはありません。

例えば、目貫に唐獅子のものを使いたいのであれば、柄頭も縁も、そして鍔も唐獅子をモチーフにしたものを使うことで、統一感を出すことができます。そして特に、柄頭と縁は同じ素材のものを使うことも大切で、柄頭に銀のものを選ぶなら縁も銀のものを選ぶというようにします。

模擬刀の場合は柄頭と縁はセット品で用意されていることが多く、これらの選択は比較的簡単ですから、予算の範囲で今述べた統一感に注意しながら、自分の好みの組み合わせにしてみてください。

※実用上の意味合いがある場合の例として、新陰流においては、目貫を通常の位置とは逆の「逆目貫」と言われる状態に配置する拵にすることから、柄を握った際にいわゆる”たなごころ(掌)”に目貫が収まり、よりフィット感が増すことがあげられます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。