居合刀(真剣)の選び方2 − 刀身の姿(重ね・身幅・反り・樋など)

スポンサードリンク
居合刀も真剣となると、選ぶ範囲は広大になります。作刀の時期で言えば上古刀から現代刀まで、その時代時代によって大きな作風の傾向はあるものの、一口一口が全て異なりますから、まさに千差万別ですね。

ですから、長さ以外での基本的な選択基準は、姿の好みと購入予算ということになります。ただし、いくら姿が気に入って予算が合うにしても、当然のことながら、身幅が広く重ねの厚い刀というのは重量もかさみますから、自身が実際に居合で扱えるものかどうかという判断などは必要になってきます。

それと、反りの大きな刀に関して言えば、それまでほとんど反りのない模擬刀を使っていた場合などと比べると、切っ先の位置感覚が変わってきますので、操作時に意識して使うことが重要になります。抜刀時、納当時などは怪我をしないよう、特に注意が必要です。

また、樋については、できればあるものを選んだ方が良いと言えるでしょう。昔の兵法書には、「樋のある刀は振った際に風きり音を発するため、夜間の戦闘時などは敵に位置をさとられる。」と書かれているものがあって良くないように思えますが、それは実際に刀で戦闘を行っていた戦国時代の話。

現代の居合において使うのであれば、制定居合の9本目である”添え手突き”などのように、刀身に添え手をする技において刀身を挟みやすいという理由で、樋のある刀の方が有利ということがあるからです。未熟者と言われればそれまでかも知れませんが、樋のない真剣への添え手は指が刃に触れそうで、なかなか上手くできないものです。
posted by Swordsman | 居合刀(真剣)の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。